TOP > CATEGORY - 子供部屋に適した環境を

子供部屋のレイアウト例 【兄弟・姉妹で一緒に使う】

兄弟や姉妹2人で共有して使う場合、9畳~12畳もあれば特に深く考えなくても
机やベッドなど置くのに十分なスペースがありますね。

後ほど、6畳を2人で使うレイアウトについても述べたいと思います。

子供部屋レイアウト2人×12畳A子供部屋レイアウト2人×12畳B

>>続きを読む

学習デスクはあった方がいいのか?

学習デスクのイラスト小学校に入学するとき、昔から当たり前のように用意していた学習デスク。
お祝いでもらうことも多いですよね。

でも学習デスクってけっこう大きな「家具」なので場所をとりますし、
高校生や大学生ぐらいになった時にジャマになったりしないかしら?
なんて思ったり。

そこでうちもまず、「学習机を買うべきか否か」をじっくり考えてみました。


>>続きを読む

二段ベッドは必要か?

子供部屋の二段ベッド1つの部屋を兄弟や姉妹で共有して使うとなると、
寝る場所の選択肢は「布団」「個々にシングルベッド」「二段ベッド」に
なりますね。

ちなみにうちは二段ベッドにしました。
6畳を2人で使うので、個々のベッドはもちろん布団を2組敷くスペースも
なかったので。

二段ベッドを使うかどうかは、ズバリお部屋の広さ次第でしょう。

>>続きを読む

子供部屋はいつから必要か

マイホームを持ったり引越ししたと同時に、すでに子供部屋として使える部屋を確保しておく方も
多いでしょうが、では実際に、そこで寝起きしたり勉強したりと、お子さんが「自分の部屋」として
使い始めるように部屋を与えるのはいつぐらいからなのでしょうか?

その家庭によって環境は様々でしょうが、「みんなはどうしているの?」が気になったところ、
ベネッセの教育情報サイトから、こんなアンケート結果を見つけました。

>>続きを読む

そもそも子供部屋は本当に必要なのか?

子供部屋は必要か?新築や引越しを期に、子供部屋となる部屋をあらかじめ確保しておく
おうちも多いと思いますが、ぶっちゃけ、赤ちゃんや幼児期などそれぐらい
小さい時はまだ、子供部屋は必要はないと思います。

うちは、部屋は先に確保しておくだけに留めて、その時が来るまで
空けておきました。

小学校への入学に合わせて子供部屋を作るご家庭も多いですよね。


>>続きを読む

子供部屋にまで遮光カーテンは必要か?

子供部屋に遮光カーテンカーテンは、お部屋作りをするにあたって、デザインや色、素材の違いだけ
でも、ずいぶんと部屋のイメージが大きく変わるインテリアですよね。

「素敵な子供部屋を作りたい!」と思うのならば、このカーテンにこだわる
お母さんも多いのではないでしょうか。

しかし最近は、どこのお店を見ても通販雑誌をみても、当たり前のように
「遮光カーテン」ばかりです。

ですから私も何の迷いもなく、はじめは「カーテンは遮光にするべき」と考えていました。
でもちょっと待って・・・?

>>続きを読む

子供部屋の広さについて

個室を1人で使うか、それとも兄弟や姉妹で共有して一緒に使うのかでも違うと思いますが、
1人なら4.5畳~6畳、2人なら6畳~9畳もあれば十分ではないでしょうか。

そもそも子供部屋の役割は、「勉強」「寝起き」「着替え」が出来る場であり、
たまには泣きたい時に1人きりになれる場でもあり・・・。

>>続きを読む

子供部屋のレイアウト例 【1人で使う】

子供部屋を1人で使うのなら、一般的なのは6畳でしょうか。
6畳あれば、ベッドと机、整理ダンスや本棚を置けますね。

でも意外と4.5畳~5畳もあれば、1人部屋は可能なんですよ。

子供部屋レイアウト1人×6畳子供部屋レイアウト1人×4.5畳

>>続きを読む

「快適」ではなく「最適」に

子供にとって自分の部屋が快適すぎると、学校から帰ってきてもそのまま自分の部屋に直行、
部屋から出てくるのは、ご飯とお風呂、トイレぐらい・・・となる可能性がでてきます。

それではコミュニケーションも取れなくなり困りますよね。

そう、子供部屋は「快適」である必要はないと思うんです。

かといって居心地の悪い部屋がいいと言っているのではなく、あくまでも子供部屋の役割として
「勉強に集中できて、寝たり起きたり着替えたりするのに十分なスペース」
があればいいのではないでしょうか。

>>続きを読む

randoseru2.jpgrandoseru.jpg