TOP > △△は必要か? > title - そもそも子供部屋は本当に必要なのか?

そもそも子供部屋は本当に必要なのか?

子供部屋は必要か?新築や引越しを期に、子供部屋となる部屋をあらかじめ確保しておく
おうちも多いと思いますが、ぶっちゃけ、赤ちゃんや幼児期などそれぐらい
小さい時はまだ、子供部屋は必要はないと思います。

うちは、部屋は先に確保しておくだけに留めて、その時が来るまで
空けておきました。

小学校への入学に合わせて子供部屋を作るご家庭も多いですよね。




でも、いざ作ってあげよう!とは思ったものの、

「今だって特に余裕なスペースの部屋があるわけではないのに、どの部屋を空けよう?」
      ↓
「いつかそのうち・・・とは思っていたけど、やっぱりまだいいんじゃないかな?」
      ↓
「なんか思ったより大変そう・・・ていうか本当に子供部屋って必要なのかしら?」

なんて考えが出てきませんか?
そこで調べてみたんです。

「はたして子供部屋は本当に必要なのか?」

先ほども言ったように、幼稚園に行ってるぐらいの年齢であれば、子供部屋って特に
なくてもいいと思います。

日中はお母さんやご家族と一緒にリビングで過ごして、夜寝るときもお父さんやお母さんと一緒
というのが多いでしょうから。

与えるとなれば、その時期はズバリ「小学校入学と同時に子供部屋を考える」です。
なぜこの時期なのか。

まず単順に物が一気に増えますよね。ランドセルや教科書、文房具、体操服に給食セット、
それから絵の具セットに習字セット、ピアニカ・・・挙げればきりがないぐらいに学用品などが増えます。

それらの「自分の物」「自分が管理する物」をなるべく一まとめにしてやれる場所が必要なのです。

幼児期と同じように、お母さん管理で物が置かれ、さらには学校の準備までお母さんが毎日して
やっているようでは、子供の成長・自立にいいとは思いません。

だからといって小学校入学と同時に「さあ今日から全部自分で!」はもちろん無理ですが、そういった場所や
機会を、タイミングの良いチャンスで与えてあげて、成長を促すのも親の役目だと思っています。

なのでまず、子供部屋(子供の居場所)の意味、必要性としては、「学用品を自分で管理するため、
一箇所にまとめるための部屋はあった方がいい」と思いました。

そこから始まって、子供が少し親から離れて一人で考え事をしたり、本を読むなど趣味に使ったりに
なるんじゃないでしょうか。

関連記事

トラックバック:


randoseru2.jpgrandoseru.jpg