TOP > △△は必要か? > title - 学習デスクはあった方がいいのか?

学習デスクはあった方がいいのか?

学習デスクのイラスト小学校に入学するとき、昔から当たり前のように用意していた学習デスク。
お祝いでもらうことも多いですよね。

でも学習デスクってけっこう大きな「家具」なので場所をとりますし、
高校生や大学生ぐらいになった時にジャマになったりしないかしら?
なんて思ったり。

そこでうちもまず、「学習机を買うべきか否か」をじっくり考えてみました。




結論を先に言ってしまうと、うちの場合は「やっぱりあった方がいい!」と思い、買いました。

そもそも「学習机は本当に必要か?」を知るには、まず学習デスクの役割を考えなければ
なりませんよね。

↑一般的な学習デスクは、上の画像のようなこういった形が多いでしょう。

机があって、上置きする本棚、机の下に入るワゴン、いす、それからイラストにはありませんが
デスクライトも必要ですね。

私もはじめは、「学習デスクはデカ過ぎて、もし大きくなって使わなくなってしまったらた処分に困る!」と
いう思いがありました。

でも学習デスクの役割というのは、

「子供が落ち着いて、勉強に集中できる場所」
「子供の学用品や私物をひとまとめに管理できる場所」


なのです。

それに一番適した形で作られたのが、この形の学習デスクというわけですね。

ですから、その収納力は思った以上!あなどれませんよ。
子供のもの、特に学校の物って本当に多いですよね。

ランドセルに教科書、文房具、体操服や給食セットのように毎日出し入れして使うもの、それから
ピアニカや絵の具、習字セットなど挙げたらきりがないぐらい、大きいものから細かいものまで
それはもうたくさんあります。

仮に「学習デスクは置かない!もっとシンプルでスタイリッシュな(PCデスクのような)机がいい!」
としても、結局は上で挙げたような子供のものをしまう場所は作らなくてはなりません。

そしてその場所というのは、子供自身が管理しやすいために子供のすぐ近くにあった方がいいのでは。

一般的には子供部屋として与えるスペースといのは大体限られていますから、なるべく広さや空間を
確保して、有効に使いたいですよね。

それには、シンプルでスタイリッシュな机に別置きで収納ラックや本棚をもうけるよりも、逆に学習デスク1つ
置いてしまった方がずっとスッキリしますし便利ですよ。

今の学習机は大抵組み合わせデスクになっていますから、上の本棚やライトが外せたり、ワゴンも移動できます。
上置きの本棚とワゴンを取ってイスを変えただけで、もはや学習デスクだったとは思えないぐらいシンプルな机
が出来上がりますよ。

シンプルでコンパクトな学習デスク


↑こんな感じなら、たとえ大きくなっても自分で好きにアレンジ出来たり、子供が使わないのなら親御さんが
PCデスクや家事机としてリビングに置いても、ぜんぜん違和感なく使えますね。

ちなみに上の画像の商品は、うちが買ったものです。

一般的な学習デスクのサイズって、横幅が100~110cmなんですが、うちの場合は6畳を姉妹2人で使うので
なるべく横幅のコンパクトなサイズを探していた所、幅90cmのこれを見つけました。

奥行きも普通のより若干コンパクトなので、6畳に2つ並べて反対側の壁に二段ベッドを置いても全然大丈夫でした♪

⇒ 本棚とワゴンを取り外してシンプルな机に出来る、組み合わせデスクを見てみる!(売れ筋順)
⇒ 普通のデスクよりも一回りり小さめの、コンパクト学習机を見てみる!(売れ筋順)

関連記事

トラックバック:


randoseru2.jpgrandoseru.jpg