TOP > 与える時期や広さなど > title - 「快適」ではなく「最適」に

「快適」ではなく「最適」に

子供にとって自分の部屋が快適すぎると、学校から帰ってきてもそのまま自分の部屋に直行、
部屋から出てくるのは、ご飯とお風呂、トイレぐらい・・・となる可能性がでてきます。

それではコミュニケーションも取れなくなり困りますよね。

そう、子供部屋は「快適」である必要はないと思うんです。

かといって居心地の悪い部屋がいいと言っているのではなく、あくまでも子供部屋の役割として
「勉強に集中できて、寝たり起きたり着替えたりするのに十分なスペース」
があればいいのではないでしょうか。



うちの二階には6畳の部屋が2つ、9畳の部屋が1つあります。

今は家族4人で9畳の部屋を寝室として使っていますが、もし子供たちが一緒に寝ないとなると
夫婦で9畳を使うのはもったいないかな?ならばそこを、2人の子供部屋にしたら広々と使えるんじゃ?
と思っていました。

はじめから小学4年生と年長の2人にそれぞれの個室を与えるつもりはありませんでしたが、
2人で6畳ではやっぱり狭いんじゃないかなって思ったんですね。

そこでネットであちこち(主にYahoo知恵袋や小町の掲示板など)調べてみました。
いろいろ見た結果、「子供部屋はそんなに広くなくていい」にたどり着いたんです。

1人のお子さんが使うのに、6畳なら一般的であり十分な広さですね。
では兄弟や姉妹と2人で使うなら・・・6×2=12畳??

いえいえ!同姓のきょうだいでしたら、2人で6畳でも十分なようです。

もし可能であれば、中学に上がってからとか受験の時期とか、それからきょうだいの部屋を
別々に分けるでもいいと思います。

しかしあまり狭いと、学習デスクやベッドってけっこう大きいですから、それを置いただけでもう
いっぱいいっぱいにならない?って思いますよね。

でも実は、家具の置き方や配置によって、十分「子供部屋として」の機能は果たせます。

それに今の時代、子供はいずれ大学進学や就職、結婚などによっていつかは家を出てしまうことが
多いですよね。

子供部屋は子供である時代(小・中・高~大学)に、「勉強に集中できて、寝たり起きたり着替えたり
するのに十分なスペース」があればいいと思うのです。

ところで旦那さんや奥様の、書斎なり趣味部屋なりそういった個人のお部屋ってありますか?
けっこう無いご家庭が多いのではないでしょうか。

必要ないというのならもちろんけっこうですが、一家を支えてくださっている旦那さんが、もしかしたら
自分の部屋を持ちたいと思っているのにそれが叶わないでいて、子供部屋ばかり立派にスペースを
とっていてはどうなんでしょう・・・?

なんて。掲示板の受け売りなんですが、「確かにねぇ」と思いました。


関連記事

トラックバック:


randoseru2.jpgrandoseru.jpg